ザ・シークレットルーム レビュー |

FX孔明シリーズの新作ザ・シークレットルームを破格値で購入可能!!

ザ・シークレットルーム 10000円引き

2011.10.27 Thu

15:59:44

ザ・シークレットルーム

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム




下記より購入すると最大10000円還元されます!

ザ・シークレットルーム 情報商材キャッシュバック






「コピートレード」、又は「シンク(同期)トレード」等の言葉を聞いても、
中にはプログラム系(EA)の自動売買や、シグナル配信サービス等と
混同してしまう人もいます。

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム

それでは“FX孔明と同じ成績を得ることが出来る”というこの上ないチャンスを
みすみす逃してしまうことになりかねません。

FX自動売買システムの“これからの常識”とは?





過去データを元に「過剰最適化」されたプログラム
(EA)が山のように出回っていますが、
所詮全ては過去のデータを元に作られているシロモノに過ぎず、答えが分かっているテストの答え合わせをしているような物です。
全ての自動売買プログラムがダメとは言いませんが、
それでも未来永劫勝ちつづける事の出来るプログラム
(EA)等存在しようが御座いません。

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム




携帯にメールで売り買いの指示が入る
一般的な助言サービスでも御座いません。
日中お勤めされているサラリーマンの方や、
深夜まで起きていられない主婦の方ですと、
実際にシグナルを受けても注文出来ないという
問題が生じます。
また、スキャルピング等の手法では、
時間的な遅延や超短期の売買ゆえに、
そもそもシグナルとして配信しても誰も実践出来ないという問題が潜在的につきまといます。

FX業者ランキング

FX孔明プライベートコピートレードは、通称「コピートレード」と呼ばれるシステムカテゴリーです。
これは、軸となるトレーダーが実際に行う取引が、
参加したユーザーの口座へそのまま反映されることを
「コピー」と表現する人が多いことによります。
具体的には、例えばFX孔明がロング(買い)でエントリーをした瞬間、
その情報があらかじめ同期設定をしておいたユーザーの
MT4(無料ツール)へ送信され、 FX孔明と同じタイミングでロング(買い)エントリーをします。
同様にFX孔明が決済した瞬間にその情報を受信し、
同じタイミングで決済をするというシステムです。

ザ・シークレットルーム

ザ・シークレットルーム

ザ・シークレットルーム

FX孔明プライベートコピートレードシステム

FX孔明プライベートコピートレードシステム


わたしは単純に「わたしを信じてついて来てくれるユーザーを勝たせたい」との思いで、
プライベートトレードをコピーするシステムを公開する事にしたつもりです。

“つもり”とは少々含みのある表現でしょうか。

本音を言わせていただきますと、
「ユーザーを勝たせたい」という純粋な気持ち以外にも、
正直『思う所』があります。

それは、ここの所流行気味の「コピートレードサービス」にて、
どうも“インチキ”では無いか?と感じる事例が
余りに目立つと言う事についてです。

「プロトレーダー」「専業トレーダー」、
果ては「天才トレーダー」と自らを名乗る人物の
コピートレードサービスが、揃いも揃って勝てないという体たらく・・・

カナダドル王FX配信

中には壊滅的とも言える損失をユーザーに背負わせながら、
平然としている業者も存在する始末です。

ちなみに、
貴方から見てどう映っているかはともかくとして、
少なくともわたしは、かねてから一貫して「顔出し」をする中で、
多くのユーザーのみなさんと向き合ってきました。

素朴な疑問として、貴方は大切な資金の運用結果を左右するトレーダーが、
どんな経歴で、またどんな風体(身なり等を含む)をしているか、
確認もしないまま、そのサービスに乗ること等できますか?

わたしにはとてもじゃないが出来ません。

そもそもインターネット上で顔出しすらしないまま、
自らを「天才トレーダー」等と名乗る人間を、真に受けて信用する事が
どれ程危険なことか・・・

悲しいことにわたしのユーザーにもその「被害」を被った人がいるようです。

だから・・・等とは言いません。
わたしはなにも「正義のヒーロー」になりたい訳でも御座いませんし。

ただ、それでもわたしは、わたしのコピートレードシステムをお届けしていくにあたり、
本物とニセモノの違いだけは、はっきりと示しておきたい気持ちを持っています。

それは『トレーダーとしてのプライド』は勿論、
今まで多くのユーザーを勝たせてきた『サービス提供者として』の誇りとによる、
“2つのプライド”による所が大きいのだと、自分では思っているのです。

オススメ情報